レビトラ

ED治療薬, レビトラED, くすりExpress, ネット総合病院, ベストケンコー, レビトラ

レビトラはバイアグラに次いで開発されたED治療薬です。バイアグラ、シアリスと並ぶ3大ED治療薬と言われる薬で、有効成分バルデナフィルは服用後最短15分から作用する即効性が特徴です。ドイツのBayer(バイエル)から製造販売されています。

レビトラのネット通販価格

サイト名 クーポン 通販価格 購入ページ
ベストケンコー LINE@で配布
ID:bestkenko
¥6,880~ 購入
くすりExpress - ¥6,880~ 購入
ネット総合病院 - ¥7,180~ 購入
あんしん通販マート - ¥7,180~ 購入
  • 上記の通販価格は最小単位の価格です。通販サイトによってはまとめ買い割引等で1つあたりの価格が変動します。
  • 上記の通販価格は本ページ最新更新時点での価格です。
  • 詳しくは各通販サイトの価格をご確認ください。

レビトラの商品情報

レビトラはバイアグラに続き2番目のED治療薬として2004年に日本で承認された薬です。

知名度こそバイアグラには及びませんが、バイアグラの欠点である「食後すぐに服用した場合は効果が現れ難い。」「服用から効果が現れるまで時間がかかる。」といった点が改善されています。

レビトラの特徴

レビトラの最大の特徴はなんといっても最短15分で効果が現れることでしょう。レビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすく、服用から15分ほどで成分のほとんどが溶けだします。この特性がレビトラの即効性に繋がっています。

また、バイアグラに比べて食事の影響を受けにくいのも特徴です。即効性も相まって急に性交のタイミングが訪れても対応できるのが強みですね。

レビトラの用法・用量

レビトラは主に10mg錠と20mg錠の2タイプが販売されています。国内で承認されている最大用量は20mgです。臨床試験では、10mg錠、20mg錠のどちらのレビトラを服用してもEDの改善率にはほとんど差はありませんでした。

ただしレビトラの効果の持続時間は10mgと20mgでは変わります。効果の持続時間は10mg錠で服用から約5時間、20mg錠で服用から約8時間ほどでした。

レビトラ服用のタイミングは上述の通り、食事の影響を受けにくいため、食前・食後問わず服用可能です。服用は1日1回までとし、服用したら次の服用までには24時間以上の間隔を空けるようにしましょう。

レビトラの副作用

レビトラの副作用として、ほてり、頭痛、動悸、鼻づまり、消化不良、眩暈などが報告されています。主に血管の拡張作用による一時的なもので、副作用が現れたしたとしても3~4時間程度で落ち着くでしょう。

ベストケンコーのレビトラ

ベストケンコーでは、レビトラ20mgが1箱(4錠入り)が6,880円で販売されています。
2個、3個、5個、7個、10個のまとめ買いプライスが用意されており、10箱セットが一番人気となっています。

さらにベストケンコーでレビトラ20mgを7箱買うと、レビトラのジェネリックであるサビトラ20mgがオマケとして1箱付いてきます。先発薬であるレビトラと、そのジェネリックを両方試せるのはお得ですね。

くすりExpressのレビトラ20mg

くすりExpressもベストケンコーと同様に、1箱6,880から販売されてます。
まとめ買いラインナップもベストケンコーと同様で、10箱セットが一番人気となっています。

レビトラ10mgも取り扱っています。10mgの方がやや高く1箱7,095円からの販売となっています。ED改善の効果は20mgとほぼ変わりませんので、効果時間の長短で自分に合う方を選ぶと良いでしょう。